2005年11月11日

まんが日本むかし話。

TBSで水曜日18時55分から再放送中です。
毎回楽しみでしょうがない。
タイトルのところでBGMがないと、このシリーズの真骨頂です。
怖い話。
みんな大盛り上がり。
教訓、意外性、なによりも視聴者に次々とエモーションを起こさせる隙の無い展開。
素晴らしい。

こーゆー良質な作品を爺さんになるまでには描けるようになりたいものだなぁ。
今は俺エロ漫画家ですけど。
posted by どざむら at 04:01| Comment(2) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

耳。

風邪をひいて鼻をかんだら、耳が聞こえづらくなった。
手加減してかめっての、自分。
耳鼻科に行ったら、扁桃腺だの耳の中だの、いろいろ腫れたり炎症をおこしたりしているらしい。
薬をもらってまた通院だ〜。
五感の内のひとつの機能が低下しただけで、これだけ不便だ。
漫画を描くのに支障をきたす。
集中力が落ちる。
身体は大事にせんとなぁ。
というわけで二週間バドいけなかった。
すごくバドしたい。
せっかくグリップも張り替えたのに。
posted by どざむら at 05:04| Comment(7) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・60センチ水槽。

前に書いた60センチ水槽。
その後書くの忘れてた。
すいません。
三日に一度の換水をしながら様子をみたところ、順調にバクテリアも育ったようです。
今はかなり落ち着いています。
とりあえず立ち上げ成功といったところでしょうか。

仕事の合間に水槽を見ていると心が和みます。
生き物っていいなぁ。

ところでカモンバって生育早いですね〜。
水槽用の蛍光灯がやはり効いているのでしょうか。
そういえばコケも少し生えてきたな。
今度掃除しなきゃ。
posted by どざむら at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入隊。

陸上自衛隊に入隊した。
戦車の教習中、踏み切り前での一時停止を怠った為、教官の戦車に突進され緊急停止させられた。
さすが自衛隊、手荒い。
そのまま警察に行き事情を説明しようとすると、担当官から紙切れを一枚渡された。
「罰として106人から記名の募金を集めること」
106人も友達いたっけかなーと、交通法規の大切さを迷彩のヘルメット片手に痛感しているオレ。

夢判断を願いします。
posted by どざむら at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

ぽじてぶしんきん、そして日本一!

日本シリーズ最終回、阪神の攻撃。
投げるはロッテのクローザー・小林雅。
フォアボールで出た片岡を一塁において、矢野はバントの構え。
TVで一緒に見ていた弟が叫んだ。
「ここでバントやったら絶対負ける!」
阪神ナインのあまりの消極策に絶叫したのだ。
結果は最悪のサードフライ、一塁に送ってダブルプレー。
ここで勝負は完全に決まりました。

ボビー・バレンタインの野球は、正確な情報の把握と選手への全幅の信頼、そしてポジティブシンキング。
捕手里崎の今岡に対するリードも強気そのものでした。
前の試合では西岡のプッシュバント。
全てはポジティブシンキングが浸透したものではないでしょうか。
日本シリーズのダッグアウトの選手の表情を見ていると、悲壮感漂うタイガースナインに比べて、太陽のような明るさのロッテナインの、まあ清清しい顔ったら。
TVで解説をしていた田淵氏は「楽しい野球というのはあまり好きじゃない」という発言されておりましたが、これに象徴されるような、自分を追い詰めるギリギリの努力・汗・涙が美徳であるという、いままでの野球。
ロッテナインは完全に野球を楽しんでおりました。
努力・汗・涙。
もちろん全て大事です。
しかしそれらを全部経験した上で「楽しむ」。
勝利の女神に祝福されたロッテナインには、運、流れ、すべてを引き付ける魔力が宿っていたような気がします。
ポジティブシンキン。
良い結果を信じ、楽しんで、前向きに。
ボビーという人間の魅力、マリーンズの真の強さは、この一点にあったように思うのであります。

心から優勝おめでとう千葉ロッテマリーンズ。
ファンのみんなもおめでとう。
あなたたちは日本一だ!
posted by どざむら at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

V!

2005年10月17日、プレーオフセカンドステージで、千葉ロッテマリーンズがソフトバンクホークスをくだし、31年ぶりにパ・リーグを制覇しました。
DSC00029.jpg
ファンになってかれこれ15年。
本当にこの日がやってくるとは感慨無量であります。
大画面に映し出される優勝旗。
雨のパブリックビューイング。
12000人の観衆は、だれかれ構わず抱き合い、手を取り合い喜び合いました。
初めて知る優勝の快感。

DSC00042.jpg
ボビーが宙に舞った。
この瞬間を15年待った。

思えば今年のロッテはホントにすごかった。
10勝をあげた投手、なんと6人。
渡辺俊介、小林宏之、清水、セラフィニ、小野、久保。
中継ぎの藤田・薮田にクローザーの小林雅英が加われば無敵。
この三人が投げた日の勝率はなんと9割5分。
また今期復活を遂げた黒木。
小宮山ももちろん健在。

マリンガン打線と呼ばれた繋ぐ打線。
足で魅せる西岡。
9年ぶりの3割達成、いぶし銀の堀。
不動の3番福浦。
「つなぐ4番」は今期大変身を遂げたサブロー。
頼もしいムードメーカー、ベニー。
脅威の得点圏打率、フランコ。
アジアの大砲、李。
打ってよし守ってよし「熱くなれ♪」今江。
勝負強かった、奇跡を呼ぶ男、里崎。
他にも諸積、垣内、橋本、井上・・・。
今期で引退を表明した初芝は花道つけられて本当によかった。
怪我に泣いたが小さな巨人、小坂も大好きです。

あらゆる情報を集めて組まれる日替わりのオーダーは「ボビーマジック」と呼ばれ、かつ自らの怪我の経験から、選手を気遣い、励まし、いつも絶やさぬその笑顔でファンみんなに愛される闘将ボビー・バレンタイン。
第一次政権で舐めた苦汁から10年目の奇跡、いや必然。

投打のかみ合い、若手とベテラン。
すべてにおいて最高のバランスが今年のロッテにはあった。


VFSH0036.jpg

歓喜に沸くスタジアム。
三戦目のまさかの敗戦で慎重になったファンは、最終戦では最後まで風船膨らまさずに見てました。w
手に汗握ったなぁ。

勝利の瞬間ももちろんだったけど、なぜか一番ぐぐっときてしまった瞬間っていうのが8回の攻撃、最初の打席に代打初芝がたった時。
一点差で重苦しかった空気が一変した。
これが初芝という男の力だと思う。
日本シリーズに出られたらまた機会があるだろうけれど、もしかしたら打席に立った姿を見るのは最後かもしれない。
この局面で初芝を立たせるボビーの采配。
これほど粋な采配があろうか。
オレの顔はもうぐしゃぐしゃであった。

そして放ったボテボテの内野ゴロ。w
本人も「ああ、やっちゃった」と思ったらしいが、必死の走塁と相手のありえないミスによって内野安打に。
ホントに初芝らしい。w
神をも味方につけたとこの瞬間思った。
これで勝った、優勝できると。
福浦と続き、里崎のタイムリーが決勝打になったのはご存知の通り。
練られたシナリオとしか思えない完璧さ。
やってくれた、初芝。
ミスターロッテ・最高だった。

DSC00053.jpg

試合終了後のスタジアムは興奮の坩堝だった。
延々交わされるハイタッチ。
我々は家に帰って、録画したビデオ見ながら祝杯です。
下戸の私ですが、酒がホントに美味かった。
しばらく余韻に浸りました。


翌日から現実に帰ってバリバリ仕事。
仕事中アシさんがなにかパソコンを打ってる。
何してるんだろうと思ったら・・・
VFSH0041.jpg
昨日こんなんが届いた。w
ベイFMのマリーンズ優勝特番に応募してくれたらしい。
雨宮朋絵さんのサイン入りマリーンズキャップ。
優勝翌日に買ったスポーツ新聞と一緒に宝物にしようっと。^^

さて、明日からあっという間に日本シリーズです。
次は日本一だ!
がんばれ僕らのマリーンズ!
posted by どざむら at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

悲願。

最近こちらでは静かにしとりましたが、ご存知のように千葉ロッテマリーンズ、プレーオフに進出しております。
セカンドステージ・ソフトバンクとの対決はマリンスタジアムのパブリックビューイングに連日通っております。
ええ。
静かに燃えておりますとも。
DSC00021.jpg

第三戦でのまさかの敗退、先日のソフトバンク吉武の、大塚のバントに対するナイスフィールディング。
さすがソフトバンク、簡単に優勝させてくれません。w

本日泣いても笑っても最終戦。
引退する初芝に花道をつけてやってください。
俺たちの夢、31年ぶりの優勝を現実のものにしてください。
俺の描いたキャラクターたち、立花センセ、小坂、小宮山、初芝、山崎、小山田、川口その他も応援しとります。
声を限りに。

がんばれ!千葉ロッテマリーンズ!!!

DSC00012.jpg
posted by どざむら at 13:34| Comment(1) | TrackBack(1) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

60センチ水槽。

金魚掬いで取った金魚(名・オオバ)の大きさが11センチにもなった。
30センチ水槽での飼育に限界が訪れる。
狭くて、かわいそうでかわいそうで。
ホームセンターにて一番安い60センチ水槽をゲット。
水を入れると重量が80キロにもなるから、専用台も必要。
こちらも一番安いのを購入。
水槽を立ち上げた。
前の水槽でバクテリアは出来ていると思ったので、その水を利用して一日で90センチ水槽を立ち上げる。
ちょっとドキドキした。
ホントは立ち上げは一週間くらいかけてじっくりやるものらしい。
水量が半端じゃなく増えるから、ちょっと刺激が強すぎるかしら?

あまりの水槽の大きさに、調子に乗ってコメットを三匹(一匹250円也)購入。
「ヨネ」「ゲンマイ」「アズキ」と命名。
『米』ットなので。
四匹元気に泳ぎ回ってます。

水が「出来あがる」まで水槽で泳がせる魚を「パイロットフィッシュ」というらしい。
名前は格好いいが、「出来ていない水を『作る』」ための命がけの尖兵。
死亡率が高い。
オオバの、どんな水質でも生き残るタフさは実証済み。
コメット三匹はほぼパイロットフィッシュとしての扱い。
どうにか生き残ってくで。
気休めに「たね水」というろ過バクテリアのアンプルを入れてみた。
素人に出来るのはここまで。
結果は一週間もすればわかるであろう。
ガクガクブルブル
posted by どざむら at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラジコン。

友達がラジコン持って家にやってきた。
日産の店で、試乗や見積もりをした人に無料でくばっているものらしい。
ティーダとセレナ。
外で走らせようという。
相方にメールする。
「友達とラジコンしてきます。」
30男の書くメールではない。

近所の公園へ。
タダのものだしあんま期待してなかったけど(失礼)いやなに、よく走る走る。
子供の頃持ってたラジコンより全然早い。
電波の届く距離も長い。
大人の男2人、ラジコンで休日を満喫する。

秋の空が高かったが、ツクツクボウシがまだ鳴いていた。
よい休日であった。
posted by どざむら at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初芝引退。

初芝引退だそうです。

「あの男(黒木)を負けさせてはいけないよ。」
いつか聞いた熱いセリフ。
松坂との対戦の時とか、チームが低迷してるなかで首位との決戦の時とか、微妙な大舞台で必ずぶっぱなすその勝負強さ。
恵まれた体躯。
ノンフレームの眼鏡。
なんだか憎めないその風貌。
とてもとても好きな選手の一人でございました。
67年生まれ・38歳。
もう少しがんばって欲しかった。

今期のロッテ、いい仕事をしています。
プレーオフは進出決定。
しかし圧倒的な強さの首位ソフトバンク。
優勝できるか!?
ぜひ花道をつけてやりたい。
がんがれマリーンズ。
おで達に夢を。
posted by どざむら at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。