2005年11月26日

いめーじ。

なにをやるにしてもA型で几帳面、且つ神経質な私は、あらゆる可能性を想定し、成り行きを想像してから取り掛かる。
洗濯でも漫画を描くでも出掛けるでもなんでもそう。
このバスタオルはこう干して、夕方までには乾いて・・・。
この漫画はいついつまでに描いて、ここで担当さんに渡して、掲載されて・・・。
それらを具体的に映像・ビジョンで想像してからやる。
まあべつに、ここまでは取り立てて話題にするほどのことでもありません。

ただ不思議なもので、可能性の無い事象というものを想像することが出来ない。
昔、バイト先の人間と車で釣りにでかけたのだけど、車で帰ってくるビジョンをどうしても想像できなかった。
不思議だなと思いながら出かけたら、結果は途中で車が故障して、電車で帰ってきたのでありました。

私は幼稚園の頃から漫画家になるって決めてまして、なんとなく「こうなるぞ」っていう自分の人生のビジョンも見えていたわけです。
おそらくHな漫画も描いて(幼稚園の頃はもちろんそんなことは想像してませんよw)、ぱっとしないまでもまあまあの人生を歩むかなぁと。
その通りになりました。
想像していたことは概ね叶いました。

はい、頭打ちです。w

今は貯金で喰ってるようなもんです。
金銭的なことでなく、全てが。
これ以上を目指すなら新しい自分を想像しなくてはなりませぬ。
「こうなる」というビジョンには、もちろんそこにいたるまでの苦労も織り込まなくてはなりません。
それがしんどい。
当然引き受けるべき苦労を背負い込むのが非常に面倒くさい。
でもやらなくてはなぁ。
方法であるとか、格好よく言えば戦略とか、この一年じっくりと考えてきました。(考えるだけというのもすごくよくありませんが)
ビジョンもですね、見えます。
勝算もないではない。
絵は下手糞だけど、武器は多少あり。
持てる武器を最大限に活かして、且つ、与えられた役割に徹し、さらにもっとしっかりとプロ意識をもって、一つ一つの作品に誠実に実直に取り組めばなんとかなるのではないか。
キャラクターの声に耳を傾け、そのキャラクターの持つ欲求や衝動、隠された本質までも拾い上げ、全霊を傾けて接すればなんとかなるのではないか。
答えは全て自分の中にあるのではないか。

あとは楽しむ。
いかに自分を喜ばすかにかかってくる。
楽しければいくらでも動くから、私。
寝食を忘れて取り組むから。

もう2005年も終わる。
なにも出来ない一年だった。
多少でもこの暮れに取り返して、来年に備えようっと。
posted by どざむら at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9841039

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。