2005年11月11日

ウォルター少年と、夏の休日

しまったと思った。
これは漫画家が漫画でやらなければならないような気がして。
夢や希望を捨ててはいけない、信じなさい、という明解なテーマを、ああも気持ちよく書ききってくれた。
感動作。
やられた。
あー悔しい。
【関連する記事】
posted by どざむら at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。