2005年11月26日

いめーじ。

なにをやるにしてもA型で几帳面、且つ神経質な私は、あらゆる可能性を想定し、成り行きを想像してから取り掛かる。
洗濯でも漫画を描くでも出掛けるでもなんでもそう。
このバスタオルはこう干して、夕方までには乾いて・・・。
この漫画はいついつまでに描いて、ここで担当さんに渡して、掲載されて・・・。
それらを具体的に映像・ビジョンで想像してからやる。
まあべつに、ここまでは取り立てて話題にするほどのことでもありません。

ただ不思議なもので、可能性の無い事象というものを想像することが出来ない。
昔、バイト先の人間と車で釣りにでかけたのだけど、車で帰ってくるビジョンをどうしても想像できなかった。
不思議だなと思いながら出かけたら、結果は途中で車が故障して、電車で帰ってきたのでありました。

私は幼稚園の頃から漫画家になるって決めてまして、なんとなく「こうなるぞ」っていう自分の人生のビジョンも見えていたわけです。
おそらくHな漫画も描いて(幼稚園の頃はもちろんそんなことは想像してませんよw)、ぱっとしないまでもまあまあの人生を歩むかなぁと。
その通りになりました。
想像していたことは概ね叶いました。

はい、頭打ちです。w

今は貯金で喰ってるようなもんです。
金銭的なことでなく、全てが。
これ以上を目指すなら新しい自分を想像しなくてはなりませぬ。
「こうなる」というビジョンには、もちろんそこにいたるまでの苦労も織り込まなくてはなりません。
それがしんどい。
当然引き受けるべき苦労を背負い込むのが非常に面倒くさい。
でもやらなくてはなぁ。
方法であるとか、格好よく言えば戦略とか、この一年じっくりと考えてきました。(考えるだけというのもすごくよくありませんが)
ビジョンもですね、見えます。
勝算もないではない。
絵は下手糞だけど、武器は多少あり。
持てる武器を最大限に活かして、且つ、与えられた役割に徹し、さらにもっとしっかりとプロ意識をもって、一つ一つの作品に誠実に実直に取り組めばなんとかなるのではないか。
キャラクターの声に耳を傾け、そのキャラクターの持つ欲求や衝動、隠された本質までも拾い上げ、全霊を傾けて接すればなんとかなるのではないか。
答えは全て自分の中にあるのではないか。

あとは楽しむ。
いかに自分を喜ばすかにかかってくる。
楽しければいくらでも動くから、私。
寝食を忘れて取り組むから。

もう2005年も終わる。
なにも出来ない一年だった。
多少でもこの暮れに取り返して、来年に備えようっと。
posted by どざむら at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

優勝パレードとファンフェスタ。

2005年11月20日、千葉ロッテマリーンズの優勝パレードとファンフェスタが行われました。

DSC00006.jpg
我々はファンフェスタに直行。
上空には4機のヘリ。
賑やかです。

DSC00009.jpg
今年のロッテは6冠です。
・初代交流戦チャンプオン
・パシフィックリーグチャンピオン
・日本シリーズチャンピオン
・初代アジアリーグチャンピオン
・イースタンリーグチャンピオン
・ファーム日本選手権チャンピオン

いただいけるタイトルは全ていただいた感じ。
応援歴15年ほど。
夢のようです。
写真はトロフィーの数々。

DSC00020.jpg
ファンフェスタのゲストは上戸彩嬢。
リリーフカーに乗って登場です。

DSC00026.jpg
グラウンドに終結したナイン。
壮観であります。
初芝選手の登場の時は、やはり盛り上がっておりました。
今江とか西岡以上に。w

DSC00028.jpg
スタンドは超満員。
28000人収容のスタジアムに3万人以上入っていたようです。
ボビーバレンタイン監督の挨拶、小林雅選手会長からの優勝報告。
堂本千葉県知事からの県民栄誉賞授与式。
優勝ペナントを持っての選手によるグラウンド一周。
ファンと選手みんなでの「WE LOVE マリーンズ」の大合唱など、イベントは大盛り上がりでした。

DSC00029.jpg
ニュースなどで流れましたが、スコアボードの下には今期ファンに与えられた背番号26の巨大なユニフォーム。
これがグラウンドに降ろされ選手達がサインを入れました。
その後、ファンフェスタセカンドステージにて、開放されたグラウンドにファンも下りて一言を書き込みます。
もちろん私も書きました。
しばらく千葉県庁に飾るらしいです。

DSC00046.jpg
グラウンドに下りてみました。
これはBMWから渡辺俊介に送られたX5という車。
なんか賞もらってた。
よく覚えてない、すんません。
700万とかするらしい。
今四駆に乗ってるらしいけど、それは弟にあげちゃうみたい。

DSC00048.jpg
特設ステージではファンサービスのトークショーが。
西岡と今期引退の初芝です。
近くで見られてうれしかった。^^

DSC00055.jpg
我らがボビー。
大好きだというDEENと一緒に歌ってます。
中野で行われたDEENのライブには、ボビーが一人で電車で行って、帰りも一人で帰ったとか。
DEENの皆様も恐縮しておられました。w
しかしボビーノリノリです。

DSC00062.jpg
そして俊介もやはり歌います。w
里崎も「歌え〜!」とかファンに熱いコールをうけておりましたが、この日は歌ってくれませんでした。
残念。

DSC00065.jpg
手前の柵の中はピッチャーマウンド。
おお、こういう光景か。
気持ちいい。
なんだかここに居ると運動したくなるぞ。

DSC00069.jpg
人工芝の感触を確かめて(笑)帰宅。
帰りは6冠弁当と豚汁をいただきました。
楽しい一日でありました。
これで自分的には2005年シーズンは締めです。
来シーズンもしっかり応援します。
がんがれ!ありがとう!千葉ロッテマリーンズ!!
posted by どざむら at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

ゴールデンボーイ

(ネタバレ注意)
相変わらずキングの書く恐怖は、見ている側の予想から外れたところにあって怖い。
この映画で一番怖いと思ったのは、老人がナチスの制服を着て行進するシーン。
「ドリームキャッチャー」でもそうだったけど、こういったシーンが一つあるだけでキングの勝ちだといつも思う。
あー、怖かった。
posted by どざむら at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォルター少年と、夏の休日

しまったと思った。
これは漫画家が漫画でやらなければならないような気がして。
夢や希望を捨ててはいけない、信じなさい、という明解なテーマを、ああも気持ちよく書ききってくれた。
感動作。
やられた。
あー悔しい。
posted by どざむら at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まんが日本むかし話。

TBSで水曜日18時55分から再放送中です。
毎回楽しみでしょうがない。
タイトルのところでBGMがないと、このシリーズの真骨頂です。
怖い話。
みんな大盛り上がり。
教訓、意外性、なによりも視聴者に次々とエモーションを起こさせる隙の無い展開。
素晴らしい。

こーゆー良質な作品を爺さんになるまでには描けるようになりたいものだなぁ。
今は俺エロ漫画家ですけど。
posted by どざむら at 04:01| Comment(2) | TrackBack(0) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。