2005年07月31日

無印良品カンパーニャ嬬恋。

kumahasikyandoru.jpg
よう!ひさしぶりだな!
オレのこと覚えてるかい?
オレの名はくまはし。
クマの端くれだ。


kougen.jpg
ひさしぶりにどざむら達をキャンプに連れてきてやったぜ。
今回は「無印良品嬬恋キャンプ場」。
ここは「無印良品カンパーニャ嬬恋」という、サイクリングコース、ボートハウスなどのある総合アウトドアフィールドの中にあるキャンプ場だ。
バラギ湖という湖の湖畔にある。
したがって楽しめるアクティビティーは豊富。
まあどざむらの目的はまったり休息らしいからな、今んとこそーゆーのはやらないらしいけどな。

嬬恋高原はNHKドラマ「ファイト」の舞台になった高原だ。
一面のキャベツ畑。
標高は1200メートルだ。


asamafunen.jpg
噴煙をあげる浅間山。
台風一過の快晴。
いままでで一番天候に恵まれたようだな。

site-hiru.jpg
今回初出動の「サウスフィールドロッジ型スクリーンテントSF1024ST」
一部では非常に有名なロッジ型スクリーンの傑作だ。
全面フルクローズは当たり前。
さらにメッシュを巻き上げることもできるようになっているので、日中は全面を開け放して開放感を楽しむこともできる。
さらにこの「1024」は「1018」の上位機種。
ロッジ型でありながらアルミポールを使用することによって、収納時の小型化、軽量化を実現した。
なんせ軽自動車でのキャンプだからな。
収納性は大事なのさ。
夏は変わりやすい天候や虫から、秋冬は寒さからオレ達を守ってくれるだろう。


tapu.jpg
ロッジ型の利点は色々あるが、内部のポールを有効利用できるのも魅力だ。
100円ショップのS字フックを利用すればこの通り。
タオルを干したり傘を引っ掛けたり、様々な用途での利用が可能だ。
ちなみにどざむらのやつ、S字フックにオレ様を引っ掛けて吊るしやがったぜ・・・。
なんかのバツゲームか?


daidokoro.jpg
これが台所。
定番のコールマンのツーバーナーだ。
ウチのキャンプは米を炊きながら料理するからツーバーナーは必要不可欠だ。
ちなみに松戸のアウトレットですげー格安で入手したんだぜ。
近くに住んでるアウトドアフリークは一度行ってみな。


site-yoru.jpg
夜のサイトだ。
ノーススターに照らし出されるサイト。
いい雰囲気だぜ。
標高の高いここは昼間でも湿度が低く、実に過ごしやすかったぜ。
夜になると炭火で暖をとるくらいだ。
さすがに避暑地。
はまりそうだぜ。

空は満天の星空だったぜ。
オレ、初めて天の川ってやつを見た。
心洗われちまったぜ。

今回は夏休み真っ只中ということもあって、10組以上のキャンパーが訪れていた。
人の声が僅かに聞こえるサイト。
やはり安心するな。
どざむらもめずらしく熟睡していたようだぜ。

asa-tento.jpg
朝4時のテント村。
朝露に濡れたテント。
湖から立ち上る霧。

asayakemizuumi.jpg
どうだい?
いいだろう?

asayake1.jpg

asayake2.jpg
ご来光だ。

今回も一泊で帰路に。
他のキャンパーは連泊みたいで撤収作業をしてなかったぜ。
次は二泊で来てみたいものだな。
まあとりぜず旅費をかせげ、どざむら。
そんなこんなで「くまはしのキャンプレポート」は以上だ。
略して「くまキャン」
んじゃまたな!
posted by どざむら at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

洗足池。

友達の引越しの手伝いで千束まで行ってきた。
洗足池のすぐ近く。
洗足池は勝海舟がお気に入りで、別邸洗足軒を建てたとのこと。
今はその跡と、勝夫妻の墓が建っている。
手伝いのお礼にと池のほとりのレストランで飯をおごってもらった。
鯉とミドリガメを見ながら、有閑婦人に囲まれて食事した。
ちょっと寂しくなるが、あいつのことだからしばらくすれば帰ってくるだろう。
まあそういうことで。
posted by どざむら at 14:41| Comment(0) | TrackBack(2) | だらだら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。